ともかく体温調整ができない

自律神経失調症

私の病気の特徴として自律神経失調症というものになったりもします。

自律神経失調症とは、

自律神経は全身の器官をコントロールしているため、そのバランスが崩れてしまうとさまざまな症状が現れる。疲れやすい、めまい、ふらつき、のぼせ、冷え、頭痛、耳鳴り、動悸、関節の痛み、便秘、下痢、生理不順、口や喉の不快感、頻尿、残尿感、発汗、肩凝りなど症状には個人差が大きい。複数の症状が別々に現れることもあれば、同時に3つ、4つの症状が重なることもある。自律神経のアンバランスに随伴しやすい精神症状としては、イライラや不安、不眠、記憶力や集中力の低下、感情の起伏が激しくなるといったものがある。

 

みたいなかんじです。

私の場合ともかく体温調節が難しいです。

みんなが寒いと言っている中暑いとかんじたり、

逆に暑いと言っている中寒いといったりとして大変です。

パートナーと一緒に暮らしているのですが、そのパートナーもやめてくれっていうほどです。

例えば、真夏にヒーターつけたりとしています。

そりゃ一緒に暮らしている人からしたら迷惑ですよね。

わかってはいるんですが、なかなか体温調節ができなくて。

多分、外に出てないからでしょうね。

外に出て太陽にあたってっていうのをしないからなんでしょう。

運動もしないですし、完全引きこもり状態です。

主治医いわくそれでもいいっていってくれてはいるのですが、さすがに心配になるときがあります。

私の体温はどうなっているんでしょうかね。

ちなみに今はクーラーをつけていて、私は寒いと感じて、ヒーターをつけたい衝動にかられています。

さすがにつけられないのはわかっているので我慢はしていますが。

手とかも冷えて冷えて冷たい状態になっております。

今は夏なので、しょうがないといえば、しょうがないんでしょうけど・・・。

パートナーがいなくなったら、きっと私の家の電気代はすさまじいことになるでしょうね(笑)

 

ランキングに参加しています。

よかったら応援のほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

タイトルとURLをコピーしました